「戦国! 姫のお宝さがし」の概要

2014年7月から「戦国! 姫のお宝さがし」という新コンテンツがポイントタウンというサイトで始まったのを皮切りに
GetMoney」、「チャンスイット」、 「Gポイント」、「ネットマイル」、「フルーツメール」でも立て続けに始まりましたよね~
*2014年11月現在、「PONEY!」、そしてなぜがアンケートサイトの「infoQ」でも開始が確認されました。
 さらに、「CMサイト」、そして無料ブログ大手の「アメーバ」でも開始が確認されました。
 個人的にはアメーバ版はプレイしません。なぜなら貰えるのがアメーバコインのため、
 アメーバピグにしか使い道がなく、換金性が無いからです。

*2014年12月には「Potora」、2015年1月からは「ライフメディア」でも当ゲームの開始が確認されました。
 ライフメディア版の当ゲームは「戦国! ポニー姫のお宝さがし」というゲーム名になっており、
 サイトのマスコットキャラが姫になっているという違いがあります。
 しかもライフメディア版の単価は1Lポイント=1円なのに、同じ単価のGポイントやinfoQに比べると
 今のところは宝箱が格段に開きやすいです。
 (まだ始まったばかりで開きやすいだけで、今後調整してくるかもしれません。入会がまだの方はお早めに。)
このページをご覧の皆さんも一部の方は既にプレイされた方もいらっしゃるとは思いますが、
ここでは「戦国! 姫のお宝さがし」についての説明と、その攻略方法を紹介してみようと思います。

このゲームをプレイするには以下のポイントサイトに入会している必要がありますので、
プレイしてみたい方はぜひ下のバナーから入会してください。
どれかのサイトで既にプレイを始めている方でも、まだ未入会のサイトがあれば
そちらへも入会してプレイを開始することをお勧めします。
現在このゲームを導入しているポイントサイトは、管理人が未加入の「ポイントタウン」、
そして以下のバナーのサイトなどを含むの合計12サイトが確認されています。
*当サイト管理人が入会していない、またはプレイしていないサイトも含む

入会用バナー

  チャンスイットでお得生活   Gポイント マイルちゃんの野望  無料で現金化!お小遣い稼ぎポイントサイトPONEY! 新規モニター登録     ライフメディアへ登録

こんな人におすすめ

このゲームがどんな人に向いているかというと、学生、主婦、無職などです。
(案件利用が無関係ですので、金に余裕のない人でも気軽にプレイできます。)

INFORMATION

説明と攻略法

「戦国! 姫のお宝さがし」は、3つのセッションからなる抽選式ゲームです。
ただただ抽選式の運ゲーですので、頭を使う必要もなければ、時間制限もないのでゆっくり楽しむことができます。
また、ゲームが再プレイできるのは2時間後からですので、すごろくやビンゴ、
モリゲー等の畑ゲームのように1日1回や1日2回のゲームよりはプレイできる回数も多いので、
稼ぎやすいゲームではないかと個人的には思っています。つーか、すげー稼ぎやすいと思います。
ではゲーム内容の説明にまいります。


洞窟探検

まず最初のセッションは、洞窟探検です。

洞窟探検

分かれ道

このセッションでやることは、3つの矢印のどれかを選択するすることです。
宝箱を見つけられても見つけられなくれも次の分かれ道へ進むにはNEXTボタンを押します。

宝箱を見つけた

この作業を数回繰り返すと、洞窟探検のセッションが終了します。


武将バトル

2つ目のセッションは、武将バトルです。

武将バトル

このセッションでやることも、洞窟探検のセッションと同様3つの矢印のどれかを選択するすることです。
鍵をゲットできてもできなくても、次の武将に進むにはNEXTボタンを押します。

武将バトル選択画面

鍵ゲット

ここでポイントになるのは、どの武将まで進めるかってことですね。
最後の織田信長まで進むことができれば、かなりの数の鍵をゲットできるはずです。
左上部分のアイテムの★の数が少なかったり、途中の失敗が多くなると、
織田信長まで進むことができずセッションが終了してしまいます。


鍵開けタイム

最後のセッションは鍵開けタイムです。

鍵開けタイム

最後のセッションでは、最初のセッション「洞窟探検」でゲットした宝箱を
2つ目のセッション「武将バトル」でゲットした鍵を使って宝箱が開くかどうかを試みます。
宝箱が必ず開くゲームではありません、抽選式ゲームなのでやはり最後も抽選です。
ここで攻略のポイントになってくるのが、"どの宝箱を優先して開けるか"です。
ゲームではNORMAL宝箱は開きやすいが中身はしょぼい、銀の宝箱は次に開きやすい、
金の宝箱は開きにくいが中身は豪華という設定になっているようです。
人間、やはり開きやすいのを優先して開けにいくと思いますが、それはあまりおすすめできません。
当サイト管理人もプレイを始めた当初は開きやすいNORMAL宝箱を優先して開けていたのですが、
確かにNORMAL宝箱は開きやすいのですが、やはりポイントがしょぼいです。
GetMoneyでの場合ですが、NORMAL宝箱は1ポイントや2ポイントばかりです。ごく稀に10ポイントが出るくらいですね。
やはり、おすすめの宝箱を開ける優先順位は…

金の宝箱銀の宝箱NORMAL宝箱のように、ランクの高い順で開けましょう。
NORMAL宝箱しかゲットできていなければしょうがないですが。また、GポイントinfoQなど
単価が1ポイント=1円のサイトは全体的に開きにくいということもあり、NORMAL宝箱を優先するのもありです。

金の宝箱や銀の宝箱は開きにくいと言われていますが、そこまで理不尽に開きにくいわけではありません。
そうならばゲームが成立しませんからね。
銀の宝箱に関して言えばそこそこ開きます。(単価の高いサイトを除く)
それとは逆に、NORMAL宝箱だって5個以上鍵を使っても開かないときだってあったりしますからね(苦笑)
最も開きにくいと言われる金の宝箱ですが、鍵を10個以上手に入れることができれば、
そこそこの確率で開けることができます。(GetMoneyチャンスイットが狙い目)

金の宝箱開く

当然、金の宝箱ならゲットできるポイント数も多いです。

150ポイントゲット

↑の画像はGetMoneyで金の宝箱が開いた際に150ポイントが出たときのものです。
(GetMoneyのすごろく"コズミックワールド"の通常クリアのなんと3回分にもなります。)
このように、3ケタのポイントが出現するなんてこともあるんですよ。
これはもう、ランクの高い宝箱から開けるしかないですね~

ただ、ランクの高い宝箱から優先して開けに行った結果、1つも開かないなんてことも当然あります。
(最近では、NORMAL宝箱しか取れない回でもそういうことが多々ありますが)
その場合に救済措置として、ざんねんチャンス宝箱(NORMAL宝箱)というのが用意されています。
いわば、泣きの一回とか、敗者復活戦とでも言えるものですね。

ざんねんチャンス宝箱

ざんねんチャンス宝箱は50%以上の確率で開くようになっています。これで成功すれば一矢を報いることができますが、
それでも失敗した場合はポイントなしの「負け回とかゲームオーバーとか」となってしまいます。
しかし、このゲームはすごろくやビンゴとは違い、プレイできるのが1日たった1回や2回ではありません。
最後にプレイした時刻から2時間後にはまたプレイできますので、1日最大12回もプレイが可能です。
負け回があったからってカリカリせず、何度でも再挑戦しましょう!!


「戦国! 姫のお宝さがし」これって結構稼げるんじゃない?

2014年7月からゲームは始まっていたので管理人もゲームの存在自体には気付いていたものの、
他のコンテンツをこなすのに忙しくてプレイしていませんでした。
まあ早い話が忙しいのを理由に食わず嫌いをしていたんですよね~
9月に入ったある日、ちょっと暇があったので試しにやってみるか。
どんなゲームだろう、時間制限はあるのだろうか? クイズ要素はあるのだろうか? と色々考えていましたが、
いざプレイしてみると、作業はクリック(タップ)のみ、いたって簡単なものでした。
しかも2時間おきに再プレイができ、確実にポイントが貯まっているのをポイント通帳で確認できていたため
「もうこれは他のコンテンツより優先順位を上げてプレイしていくしかないな。」と思って最近では毎日欠かさずプレイしています。
さらに、このゲームの良い所は案件利用が全く関与しないところです。
すごろくやビンゴなどのゲームでは、案件利用を行ってゲーム進行に有利なアイテムをたくさん持っているほど上位に入りやすくなります。
そのため、案件利用を多く行える人(お金を多く持っている社会人など)ほど有利になる傾向がありますが、
ところが、この「戦国! 姫のお宝さがし」は案件利用が絡まないので、
社会人だろうが学生だろうが主婦だろうが無職だろうが条件は平等です。
むしろ、2時間おきという短いローテーションですので、PCやスマホの前にいる時間が長い人ほど稼ぎやすいのではないかと思います。
このページを見てプレイしたくなってみた方は、 「GetMoney」、「チャンスイット」、 「Gポイント」、
ネットマイル」、「フルーツメール」 「PONEY!」、「infoQ」、「CMサイト」 「ライフメディア」等のサイトで導入されていますので、ぜひプレイしてみてください。

ソーシャルボタン

このページの内容が役に立ったと思った方は、よろしければ以下からブックマークやツイートなどをお願いします。




[PR]